審査に通りやすいキャッシングを教えてください!

キャッシングは審査に通らないと利用することができません。
金融機関は信用を得られない人にお金を貸したがらないからです。
しかしお金を借りる側からしたら、落ちたときに次の借り入れ先を探している時間なんてないですよね。
一刻を争うのであれば、最初から通りやすいところを選んでいくのがいいでしょう。
では、どのようなところなら通過しやすいのでしょうか?


■□■銀行カードローンならば新規のキャッシングがおすすめ■□■

まず、「金利が低くて総量規制対象外になる銀行でキャッシングをしたい!」と思っている方は、最近できたところに申し込むのがいいでしょう。
このようなところだと、まだ利用者を積極的に募集している可能性があり、審査をゆるめにしているかもしれないのです。
そこに入り込んでしまえば通過することもできるかもしれないので、どうしても銀行カードローンを使いたいという方はこのようなところを狙ってみましょう。
しかし基本的に銀行のものは人気が高いので、しっかりとした信用度を持っていないと厳しいと思われます。
今一度、借り入れ履歴やキャッシング件数、勤続状況などを確認しなおしてみましょう。


■□■最終手段としては中小消費者金融がいいかも■□■

「銀行にも大手の消費者金融にも落ちてしまった。もう自分はキャッシングができないのかもしれない。」と思っている方は、一度中小の消費者金融に申し込んでみることをおすすめします。
このようなところはかなり通りやすく、「今までどこの金融機関にも通らなかった・・・」という人でも通過できる可能性があります。
もう後がないと思ったら、中小の消費者金融に申し込んでみましょう。
ただし、このような会社は地方を中心に店舗を構えている場合が多いので見つけ出すまでに時間がかかってしまうことが予想されます。
来店しないと即日キャッシングを受けさせてもらえない会社も多いので、もしかしたらすぐにお金を手に入れることはできないかもしれないと思っておきましょう。
また、「無職でもOK」「債務整理直後でも融資可能」と謳っているところはヤミ金である可能性が高いので、十分注意しておいてください。

関連リンク→→即日キャッシング案内広場

完済する時の年齢を考慮しキャッシングを申込む

キャッシングは基本的に長期の利用ではなく短期で少ないお金を繰り返し借りるということに向いている金融商品ですが、返済方法が一つに設定されている場合が多く融資額によっては長期の運用になる可能性もあります。

そこで今回はそんな長期型運用のキャッシングにおいて気を付けたい審査時のポイントについてご紹介致します。


●返済期間と自分の年齢について

一度のキャッシングで限度額いっぱいまで、それこそ何百万も借り入れするという方はあまりいらっしゃいませんが何度も細かい融資を受けるとそのまま借入総額に上乗せされるため返済しなければならない借金自体が多くなっていきます。そしてキャッシングの返済方法はリボ払い固定が一般的です。リボ払いとは月の返済額が固定になり月々の返済は楽になりますが、借入期間がその分長くなるというものなので借入総額が多ければ多い程返済期間がどんどん長くなるのです。
細かい借り入れを繰り返すことで雪だるまのようにキャッシング総額が増えるので返済に数年かかるというケースもあります。そしてその際に関わってくるのが最終的に完済する時の年齢です。完済する際の年齢が金融機関指定の年齢を超えるとなると審査に落ちやすい傾向にあります。そこで審査を申し込む際にはその金融機関が定めている指定の年齢をしっかり把握し自分が借金を完済する時にその上限を過ぎないようにする必要があるのです。


●キャッシングには年齢制限があります

どの金融機関でも借り入れ時の年齢を満20歳から69歳と定めていますが、実はこの69歳という上限は完済する時の年齢上限でもあるのです。何故なら60歳を過ぎると還暦となり退職して年金で生活をしていくスタイルに変わるため、その年金で仕事があった時と同じように返済を続けられるのかというとそれは難しいということになるからです。ただでさえ現代は少子高齢化で年金支給額も年々減っており、自分の生活を賄うことで精一杯になることは目に見えています。そんな時に過去の自分から借金返済というおまけを付けられると歳をとった自分自身が更に老け込むことになってしまいます。

実際にキャッシングの申込みをする高齢者の方はとても多く年齢によって審査に通らないという方も沢山いらっしゃいます。金融機関へ申込みをする際には融資額いっぱいまで借り入れをした場合、完済時の年齢がどうなるかという計算をしてから申込みをするようにしましょう。

キャッシング申込みには収入と融資額のバランスが大事

今ご自身がどのくらいの年収を得ているのかきちんと調べたことがあるでしょうか。お金のやりくりを年単位で見ていたり金融商品を利用したりしなければ普段から意識をすることはないものです。もしくは婚活をしている男女でしょうか。

今回はそんな自分の年収とキャッシングの融資額についてお話致します。審査に落ちてしまって焦っているという方はもしかしたら自分の年収を意識した申込みが出来ていなかったという可能性があります。


●年収の定義について

一般的に年収とは手取りの給与額ではなく総支給額のことを指します。これは保険だの税金だの色々なものが引かれる前の額です。会社の面接や婚活で年収はいくらかと聞かれたらこの総支給額の年収を答えることになります。そしてこれは銀行や消費者金融などで利用するキャッシングの申込み時にも同様で総支給額を申請します。


●キャッシングでの年収と管理の年収

しかしここで問題なのが総支給額をただ書けば良いという訳ではなく、自分が融資して欲しいという額ときちんと釣り合っているかというところに金融機関は着目します。総支給額が多くてもキャッシングの総支給額がその3分の1を超えていたり月の返済額が無理のあるものになっていたりする場合には審査に通ることはないのです。

金融機関の申込み時には自分の年収と借入総額のバランスを良く見て審議に引っかからないように調整をしましょう。

キャッシング申込みにはその会社一筋が大切

キャッシングを利用したい時にとにかく審査を受けるために数ヶ所の金融機関に申込みをする方がいます。審議に引っかかり落ちてしまったらどうしようという不安な感情に押され保険をかけるという意味で複数の金融機関に申込みをしてしまうのです。


●二股かけると両方に振られます

ある日職場で知り合った方がとても素敵な方だったので声をかけてちょっと好意を覗かせてみました。いつもお昼休みに行く定食屋に同じく素敵な新人のアルバイトさんが入りかなりタイプだったので声をかけてみました。どっちも良いのでどっちかと恋人になりたいなと思っていたら職場の方と一緒に歩いているところを定食屋の方に見つけられバッタリ鉢合わせに。二人ともああそういうことかという感じになって私の元から去っていきました。
このお話はよくある日常の光景でこの主役の人間はちょっと踏んだり蹴ったりですが、実際の金融機関との関係も似たようなものです。金融機関の場合はもっとシビアで複数に申し込んだと知られた場合すぐに多重債務者候補として切り捨てられます。


●キャッシングも恋愛も一筋でいきましょう

実は隠せていると自分で思い込んでいるだけで周りの方々には全てが知られていたとうことはよくあります。各金融機関への申込みも別の会社だから大丈夫と思うことなかれ、実は裏で情報を共有出来る信用情報というシステムがあるので隠し通すことは出来ないのです。

恋愛もキャッシングの申込みもきちんと一本に絞りどうどうと今後のお付き合いを申込みましょう。

キャッシング申し込みには過去の借り入れが関わる

キャッシングで融資を受ける際に潜り抜けなければならない関門が審査です。炎にとりまかれた輪をライオンが潜り抜けるようなイメージを持つ方が多くいらっしゃいますがそんなことはなく、気を付けるべきところに気を付ければ審査なんて花冠に変わってしまう訳です。
そこで今回はキャッシングの申込み時にしっかり確認しておきたい自分の過去の借り入れについてお話致します。


●過去の借り入れ注目ポイント

以前にもお金を借りたことがあるという方はとても多くいてそのような方も申込みをして融資を受けています。しかしその審議で昔借り入れしていた状況が引っかかり融資を受けられなくなってしまったという方もいます。その違いを知るために過去の借り入れにおける注目すべきポイントについてご紹介致します。

【以前の借り入れ状況】
・完済したか
・延滞したか

注目しなければならないのは本当にこの2つだけです。まずしっかり完済しているのかという点です。完済とはその借金を完全に返済したという結果であり、途中で自己破産をしたという方は完済したことにはなりませんのでご注意下さい。現在借金が一つもないという方でも過去にそのような債務整理によって借金をチャラにしたという場合には次の審議に少し暗雲が立ち込めます。絶対に通らないという訳ではありませんが債務整理をしたことがないという方と比べるとその通る比率は下がります。
次に延滞しかたという点です。これは金融機関側的にはとても知りたい情報となります。何故なら自分達が今回キャッシングの融資をした際に返済が滞る確率に結びつくからです。過去にやむを得ない理由で延滞をしたという方は信用情報にもそのようなデータが載っているため今回の審議には影響がありません。しかしただ忘れていた・督促状が来ても無視をしたという過去がある場合には債務整理同様審議に引っかかる場合があります。


●キャッシングも他の金融サービスと同じ

キャッシング以外の金融商品にも言えることですがお金の貸し借りをするということはその人と金融機関の信頼を持って行うということなのです。過去に裏切った経験があるという方に対して自分はお金を貸すでしょうか。昔こんなことした人間だしもしかしらたお金が戻って来ないかもしれないと疑うのは当然のことなのです。

自分の過去の借り入れ状況がこの2つのどちらかもしくは両方に該当するという場合には過去の借り入れ状況をあまり見ずにキャッシングを利用出来る金融機関を選び審査を受けるようにしましょう。